口腔外科 ORAL SERGERY

お口の総合的診断が
口腔外科の役割

口腔外科とは?

口腔外科では、親知らずの抜歯のほかに、顎関節症の治療やお口の周辺のケガへの対応もしています。交通事故やスポーツなどで負傷した場合も、ぜひ当院にご相談ください。また、口腔がんの検診や口内炎の治療も提供しています。口腔がんは早期発見が重要なので、気になるデキモノがある場合、早めに検診を受けることをおすすめします。

こんな症状をお持ちではありませんか?

  • 歯ぎしりの指摘をされたことがある
  • 歯に筋が入っている、歯が欠けている
  • 朝起きたときの顎まわりの痛み、こわばりを感じることがある
  • 肩こりや頭痛がある
  • 日中、気づくと上下の歯が接触している
  • 頬の内側や舌に噛んだ跡がある
  • 下の歯肉の内側にある骨に膨らみがある

歯ぎしりと食いしばり

「歯ぎしり」は特定の人だけが行うものと思っている方が多いですが、実はほとんどの人が気づかないうちに行っています。しかも歯ぎしりはストレスを発散させる役割も持っているので、周囲の人にとっては不快であっても、無理になくすことが良いとは言えません。その一方で、歯ぎしりの原因が噛み合わせの悪さである場合や、歯ぎしりによって歯の摩耗が激しい場合などは歯科医院での治療の対象となります。個人差はありますが、歯ぎしりによって強い力をかけ続けることで歯が欠けたり、顎関節症を発症したりすることも少なくありません。また、肩こりや頭痛、だるさなどほかの部位に不調を起こす場合もあるので、歯ぎしりが気になっている方は、一度当院にご相談ください。

顎関節症

歯ぎしりや食いしばりが強いと顎関節に負担がかかり、顎関節症を発症することがあります。顎関節症になると、口を開閉するときに異音がしたり、顎に痛みがあったり、口の開閉がしにくくなったりします。悪化すると会話や食事に支障が出ることもあるので、日常生活に大きな問題を生じます。歯ぎしりや食いしばりのほか、ストレスや噛み合わせが関係していることもあるのでまずは診断を受けて原因を特定しましょう。

顎関節症のスプリント治療

「スプリント」とはマウスピース状の顎関節症治療器具です。就寝時に装着することで歯ぎしりや食いしばりを緩和する効果があり、顎関節症の治療としても有効です。スプリントはそれぞれの患者様の歯にフィットすることで効果を発揮しますので、お口に合わせて作製する必要があります。そのため、スプリント治療を希望される方は、まずは当院にご相談ください。

親知らずの抜歯

当院は親知らずの抜歯も行っています。親知らずは全てが抜歯の対象というわけではなく、まっすぐ生えていて、周囲の歯に悪影響がなければ無理に抜く必要はありません。一方、生え方によって歯並びを悪くする原因になることがありますし、虫歯や歯周病を起こしている場合は、抜歯をおすすめすることもあります。また、ある時期に急激な痛みを起こす原因になることもあるので、リスクがある場合計画的に抜歯を行う例もあります。難症例であれば設備を整えた歯科医院を紹介することもできますので、まずはお気軽にご相談ください。

昭和大学歯科病院

よくある質問

ぶつけて歯が抜けてしまいました。戻せますか?
抜けてしまった歯を戻すことは可能です。ただし、根の周りに付いている歯根膜が残っていることが重要です。
落ちてしまった歯は、洗ったりせず、大切に保管しそのままお持ち下さい。
口を開くと痛みがあって大きく開きません。顎関節症でしょうか?
痛みを特定する診察が必要です。筋肉の痛みや顎関節の痛みであれば顎関節症の治療になります。
なかにはむし歯や歯周病等の歯が原因の炎症やあごに病気があることで症状がでることもありますので、受診していただくことを   お勧めします。
ページトップへ